特別養護老人ホーム  和田堀ホーム

第1 基本理念
第2 運営方針
メモ  特別養護老人ホームとは
 主に65歳以上のお年寄りで、介護保険法の施設介護サービス費の支給を受けることができる方(要介護度1から5の方)が入所する施設です。施設との契約により入所します。
 
第3 サービスの概要
第4 利用料
第5 入退所の手続き
第6 苦情等の窓口

第1 基本理念
 ・ 一回しか経験できない人生を楽しみつつ安らいで過ごせる施設
 ・ いつでも、どこでも誰もが最良の福祉サービスを受けられる施設
 ・ 現在まで国を支えてくださった方々に愛を持って接することができる施設

第2 運営方針
 当施設は、施設サービス計画に基づき、可能な限り居宅における生活への復帰が可能な場合には復帰を念頭におき、その他の場合には生活の場として入浴、排せつ、食事等の介護、相談及び援助、社会生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることを目指しています。

第3 サービスの概要
1 居室 個室と多床室(4人部屋)があり、費用が異なります。(第4、1参照)
2 食事  生活の場であるホームでの食事は、健康維持及び高齢化に伴う心身機能の低下予防を基本方針とします。
3 入浴 安全、安楽を基本に身体機能に合わせた介護で週に2回以上入浴します。
4 排泄 排泄状況を個々に把握し、利用者に合わせた排泄介護を行います。
5 移動 身体状況を個々に把握し、利用者に会わせた施設内の移動介護を行います。
6 機能訓練 生活レベルの維持、回復に向けたリハビリテーションを提供します。
7 生活相談 常勤の生活相談員に、介護以外の日常生活に関することも含め相談できます。
8 健康管理と医療 利用者が健康に過ごすために、非常勤嘱託医師と看護職員が中心となり、全スタッフと連携をとりながら、利用者の日々の健康管理を行うと共に健康衛生の向上に努めます。
9 生活支援 行政手続代行、日常費用支払代行、年金、通帳等の管理を申し受けます。これらには、代行費用、管理費用がかかります。
10 各種行事 季節に合った各種行事は、誰もが参加できるよう工夫します。行事によっては別途参加費がかかるものあります。

第4 利用料
 利用料は、次のとおり、1の部屋別の基本料金、2居住費・食費、3日常生活諸費と4その他の料金の合計額となります。
1. 基本料金
1日当たり
  要介護区分 保険点数 保険点数計
A
1日当たり
利用料金
A×10.48=B
保険から
給付される額
B×0.9=C
自己負担額1日
B-C=D
自己負担額
31日当たり
D×31
基準点数 精神科医
加算
管理栄養士
加算
栄養マネジメント
加算


1度 659 5 12 12 688 7,210 6,489 721 22,352
2度 730 5 12 12 759 7,954 7,159 795 24,658
3度 800 5 12 12 829 8,688 7,819 869 26,933
4度 871 5 12 12 900 9,432 8,489 943 29,239
5度 941 5 12 12 970 10,166 9,149 1,017 31,513

1度 577 5 12 12 606 6,351 5,716 635 19,688
2度 648 5 12 12 677 7,095 6,385 709 21,994
3度 718 5 12 12 747 7,829 7,046 783 24,269
4度 789 5 12 12 818 8,573 7,715 857 26,575
5度 859 5 12 12 888 9,306 8,376 931 28,849
注) 1 上記の他に介護保険の給付の扱いに応じた料金の扱いを行ないますのでご了承下さい。
入所後30日に限り、上記料金に1日約31円程度の自己負担分が割り増しとなります。
30日を超える入院の後に、再入所された場合も同様の扱いをさせて頂きます。
入所期間中に入院、外泊した期間の取扱いについては、1月に6日を限度に、上記代金に代えて1日につき335円をいただきます。ただし、入院又は外泊の初日及び最終日は除きます。
注)2 保険点数の単位単価は特別区の10.48円が適用されます。

2. 居住費・食費
@ 居住費 自己負担額
利用者
負担段階
多床室 1日当り 31日当り
1日当り 月(31日)当り
第一段階 0 0 320 9,920
第二段階 320 9,920 420 13,020
第三段階 320 9,920 820 25,420
第四段階以上 415 12,865 1,410 43,710
A 食費費 自己負担額
メモ  居住費・食費の利用者負担段階
 平成17年10月から居住費と食費が全額自己負担となり、所得の低い方には、一定限度額までの負担によりサービスを受けることができる制度が設けられました。居住費・食費の表の表側にある第一段階から第三段階がそれで全国標準価格です。第四段階の方は、施設の原価計算により導き出された額で施設独自のサービス価格となります。第一段階の方は、生活保護受給者又は老齢福祉年金受給者、第二段階の方は、課税年金収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下の方、第三段階の方は、課税年金収入が80万円超266万未満の方、これらの方はいずれも世帯全員が区民税非課税である方です。
 この制度を利用するためには、区市町村へ申請し、「介護保険負担限度額認定証」の交付を受け施設へ提示する必要があります。
 提示がないと第四段階の方として費用を負担します。
利用者
負担段階
1日当り 月(31日)当り
第一段階 300 9,300
第二段階 390 12,090
第三段階 650 20,150
第四段階以上 1,480 45,880

3. 日常生活諸費 1日あたり(限度額)400円

4. その他の料金(サービス利用ごとのオプション料金)
@ 補食 体力の消耗や摂取量の低下等が認められた場合、食事以外での栄養補給に補食を提供しますが、材料費相当分の料金がかかります。
A 医療処理 医療保険適用外の医療処置費は、自己負担となる場合があります。
B 飲食代金 喫茶時や外食時等の代金は自己負担となります。
C 購入代金 売店時の購入代金などは自己負担になります。
D 理美容サービス代金 調髪のみの場合 2000円 
E 行政手続き等の代行代金 実費のみのご請求となります。 
F サービス提供記録の
複写物の代金
10円/1枚 


第5 入退所の手続き
1.入所手続き
 杉並在住の方は当ホームへ直接お申し込み下さい。
 入所のお申し込み後、優先度の評価を区にお願いしてありますので、その評価に基づき入所検討会で検討し、面接の上ご入所いただくことになります。
 入所に当たっては契約を結び、サービスの提供を開始します。
※居宅サービス計画の作成を依頼している場合は、事前に居宅介護支援事業所の介護支援専門員にご相談下さい。
2.退所手続き
 お客様のご都合で退所される場合は、退所を希望する日の1ヶ月前までにお申し出下さい。お客様が、他の介護保険施設に入所した場合、お亡くなりになったは自動的に契約終了となり、退所の諸手続きを行います。
 お預かりしたお客様の預かり金残金、介護保険証などの預かりものの返還を双方確認し、返還して契約が終了、退所となります。
 介護保険給付でサービスを受けていたお客様の要介護認定区分が、非該当(自立)または要支援と認定された場合も退所となります。特別養護老人ホームは、要介護度1から5までの方しか入所できないからです。
 ※この場合、所定の期間の経過をもって退所していただくことになります。
 お客様が病院または診療所に入院し、明らかに3ヶ月以内に退院できる見込みがない場合又は入院後3ヶ月経過してしまった場合、文書で通知のうえ、契約を終了させていただく場合がございます。
 なお、この場合、退院後に再度入所を希望される場合は、再び上記1の入所手続きとなります。
 やむを得ない事情により、当施設を閉鎖または縮小する場合、契約を終了し、退所していただく場合がございます。この場合、契約終了30日前までに文書で通知いたします。

第6 苦情等の窓口
 当施設のサービスに関する相談、要望、苦情等には苦情受付担当者を任命し、外部の第三者委員を選任しております。

(C) 2010.10.1 All right reserved 社会福祉法人真松之会